「信州 風の家」  
 
  〜自然と共に、自然から学ぶ、交流と祈りの場〜



トップページ 開設の思い 建物紹介 年間プログラム アクセス 問合せ&リンク

            【運営者プロフィール】
伊藤幸史(いとうこうし) カトリック司祭(神父)。1966年愛知県生まれ。1990年カトリック神学院入学。1996年に東京教区司祭となる。 2006年研修休暇を活用し「アジア学院」(アジア農村指導者養成専門学校)へ入学、卒業。 以後、食・農と心の癒しの関わりに関心を持つ。2007年からカトリック神学院養成者。 2013年新潟へ出向。NPO「共働学舎」において、様々な障がいを持つ人々からなる農業共同体での研修を行う。 現在は糸魚川市と柏崎市にある二つの教会を担当している。

 

  開設の思い             

「風の家」は、1986年(昭和61年)に作家遠藤周作氏の親友であるカトリック
司祭の井上洋治神父(1927〜2014年) によって創立された共同体です。

風の家は創立以来「日本の文化風土を尊重しながら、キリストの福音を開花させること」を求めて歩んできました。 その特徴の一つに“自然と共に自然から学ぶ”という姿勢があります。私は大学生の時に井上神父から洗礼(カトリック信者になる儀式)を受けて以来、こうした姿勢に大きな影響を受けてきました。

そこで今回、教会の役務に加えて「信州風の家」を開設し自然の中で自らを見つめ、新たな出会いと体験の場を探求したいと考えたのです。
       (左:北アルプスの眺望)

※画面をクリックすると拡大されます。
 

  なぜ信州なのか?

長野県(信州)小谷村は新潟県糸魚川市と隣接していて自然豊かな場所です。
そして何よりそこには、様々なハンディーを抱えた人々が共に働き生活する農業
共同体、 NPO法人「信州共働学舎」(立屋&真木)があるからです。

共働学舎は1974年(昭和49年)にかつて東京の自由学園で教師だった宮嶋眞一郎氏(1922〜2015年) によって創立されました。そのモットーは「競争社会よりも協力社会を」です。 この共働学舎と協力して、新たな祈りと交流の場が生まれないかと考え始めたことが「信州」に「風の家」を設立した理由です。

従って「信州風の家」ではそれ独自の活動を行うと同時に「共働学舎」と協力して、 現代社会で疲弊してしまった人々への様々なプログラムを、これから模索して行きたいと思っています。
       (左:「共働学舎」遠景)

※画面をクリックすると拡大されます。
Copyright © 2020 信州風の家 All rights reserved.